大河の住処

書籍に対する感想文が主だったが、最近は自創作まとめ記事の更新しかしていない。ブログカテゴリに迷ったので日記にしておきました。

お出掛けおよびその他

スーパー日本酒の楽しみ方(1)

「超」な日本酒ではないことは承知していることでしょう。今日話題にするのは、そこいらのスーパーマーケット(ヨークベニマル等)で買える日本酒を手軽に飲もう、という話です。

そもそも発端としては「初心者向けの日本酒を教えてくれ」と言われたことにあります。
獺祭とか飲めば良いんじゃね、と僕は雑に思ったのですが、日本酒をあまり飲む習慣がないような、きっちりとした日本酒を提供する店にあまり足を運ばないような人に、日本酒取り揃えた店に行くか通販で調達するかしろ、と強制するのはなかなか難しいものです。それに、店で飲むにしても、可能なのは週末がせいぜいで、真に初心者向けという意味なら飲みやすい味がどうこうよりも「手に取りやすい」「家に置いておける」あたりを意識した方が良いと考えました。

というわけで、スーパーで買える日本酒を楽しもう!
DSC_0171
本日の酒とつまみの全体像です。極力「地元の酒」は除外してみました。

先ず、事前準備です。
DSC_0172
水です。大量に用意しておくほど優位に立てます。
日本酒を飲むと日本酒ばかり飲みそうになりますが、一種類飲むごとに水は入れましょう。アルコールが回ると酒の味が分からなくなるだけでなく、自分がどのくらい酔っているかも分からなくなってきますが、水を入れて胃を掻き回すことで自分の正気度を判定することが楽になります。さらに、翌日のダメージ軽減効果もあり、舌もまともな状態を維持しやすいので、必ず合間合間に水は飲んでくださいね。

続いての事前準備はつまみです。
DSC_0174
単品で飲める日本酒はなかなか見つかりません。基本的につまみは必須と言っていいでしょう。
魚介類が非常に合うので、生魚やら新鮮な魚介を適当に買って、切ったり焼いたりすると良いと思います。今回は左から、鮎の塩焼き、刺し身(チーズ、のどぐろ、ほたて)、タコわさび、ほたてのカルパッチョとなります。塩っ辛いやつならなんでもいいと思います。

一杯目です。
DSC_0175
おっと、これはスーパーではなかなか買えない酒でした。すみません。
隣にあるのはTYPE-MOON10周年記念一番くじで獲得したワイングラスです。こういった部分でオタク感を出していくと良いと思います。

改めて1杯目です。
DSC_0176
スパークリング日本酒「澪」です。グラスと合わせて、色合いが素敵です。
日本酒という割にアルコール度数は低く、5%しかありません。甘さも相まって、これジュースだよとわめき続けました。飲み終わったあとに微妙な腹感覚に陥っていますが、1本300mlを一気飲みしたせいだと思います。飲みやすく、買いやすい、という意味では圧倒的に初心者向けです。日本酒の抵抗をなくしていくには適当な酒ではないかと。

2杯目
DSC_0177
八海山です。なんか知らんけど置いてたので買ってきました。1合くらい小瓶は手を出しやすくていいですね。新潟の有名な酒です。澪ほどジュースらしさがないので、つまみを食べつつ少量ずつ飲むと、味わい方が分かると思います。一気に飲むと喉にくるぞ。これとか獺祭とか久保田とか越乃寒梅とか、そこらへん有名な酒に手を出してみることの何が良いかというと、とりあえずは安心して一定水準以上の味を楽しめることと、それらの酒を日本酒好き友人に「飲んだことある」と言うと(はは~~んメジャーな日本酒に手を出しただけだな?よし俺がいろいろ他にも教えてやろう)と勝手に思われて勝手にマイナーな美味い酒が出てくることです。

3杯目および4杯目
DSC_0178
京都の「月桂冠 にごり酒」と兵庫の「醴 純米酒」ですかね。スーパーにあったから拾ってきた。

醴の方は、香りが強い割に味は相当すっきりしていて、後味がふんわりしている印象。日本酒だとたまにある後味の苦味があまりないように感じるので、味だけ見れば飲みやすいかも。けどこれやっぱ匂い強いな……酒くせえってこういう匂いかな……。

にごり酒の方は予定通り、広がる甘い香りに口に含んだときのどろりとした味わい……冷やし甘酒に少し酸味足した感じですかね。非常に飲みやすいと思います。とはいえ、一気に大量に口に含むと、日本酒特有の香りが襲いかかってくるので、少量を舌で転がす感覚で少しずつ飲んでいくと良いと思います。これは単品で飲めるな。初心者にもオススメ。


とまぁ、今晩はこんなところにしておきましょう。なんといっても明日は平日です。現実を見たくないでござる。
ちなみに記事タイトルに(1)とつけたということは、まだ何度か更新するつもりがあるということです。ただし次回は未定だ。こうご期待。期待してる奴いるのか?


ところでこの記事、本当に初心者向けなのだろうか。

いきなり遊びに出掛けてレールガン女子高生と写真を撮る旅【東京飲酒編】

人間は定期的に旅行に行く必要があります。
なので、定年間近のお年寄りに「君は外出する分まだいいよ、一緒に飯食ってる若者は外出予定立ててないみたいだもん」というお言葉に、僕は思うのです。多分それ、伝えたくないだけですよと。言わないけど。

というわけで旅行記事です。以前言っていたDandara攻略記事はお待ち下さいね、スイッチで動画が撮れなかったので現在いろいろ検討中なので。機材、買おうとするとそこそこ値段しますね。


今回の旅行は東京! 目的は同人音楽即売会M3、弟とデート、仕事、飲酒です。
……僕だって休日中に仕事関連のお出かけしたくなかったよ。

土曜日初手はビッグサイトです。まぁ要するに仕事関係です。
涙が出てくるな……。
DSC_0123
ぶれぶれだけど応援してレイルちゃん……。

余談ですが、「更新するだけで褒めてくれるなりきりちゃん」bot(@girl_railgun)が現在稼働中です。応援して、ってリプライするとちょっとえっちな応援をしてくれます。いきなりレールガン女子高生読者はよろしくお願いします。

はい午前中終わり。

午後からは、鶴川氏、ギンブチ氏と飲酒です。これは社会性ではないので最高でした。
しばらく飲酒女子高生です。ご了承下さい。
DSC_0126
1軒目、方舟にて。

DSC_0130
鶴齢女子高生

DSC_0131
常山 壱の升女子高生

少しお高めな感じだったので、あと飯を適当に食って撤退。2軒目に突撃です。
2軒目は「日本酒原価酒造」ですが、ここは思わず会員証を作ってくるほどに最高でした。格安で美味い酒が飲めるので東京行く度に通いたいと思います。日本酒好きな奴を連れていきたいと本当に思います。みんなも行って。

DSC_0133
三井の寿女子高生
こうしてラベル付きで提供してくれるのもポイントが高いですね。好みの酒がどんなふうになっているのか、チェックしつつ飲めます。

DSC_0134
風が吹く女子高生

DSC_0135
獺祭二割三分女子高生

DSC_0136
獺祭女子高生
二割三分やら磨き50やらは精米歩合というやつです。日本酒は米を原料としていますが、その際、米の表面を削ります。つまり、どの程度削っているかという話なので、50%なら半分、二割三分なら77%も米を削っていることになります。精米歩合も味と値段の参考になりますので、是非チェックを。
ただ、削れば削るほどに味が良いとは限らないので、あくまで参考のひとつに。

それにしたって獺祭二割三分女子高生はすごかったですね。飲み口良すぎて。一瞬で溶けた。

DSC_0137
新政女子高生

DSC_0138
来福女子高生
面白い酒第一弾。これはとても甘い。おそろしいほどに甘い。日本酒飲めるなら試してみてほしい感じがあります。香りも良い。気に入るかどうかは別にして、飲んだらほぼ確実に面白いとは思うはず。

DSC_0140
花の舞女子高生
面白い酒第二弾。角度が悪くて申し訳ありませんが、ワイン酵母を使った日本酒です。日本酒、ワイン、花の舞で調べると出てくるはず。本当に日本酒という感覚がせず、軽い渋みと強い酸味は白ワインにしか思えないほど。ですが、後味はほんのり日本酒という独特な味わいで、とても美味しかったです。けっこうお気に入り。
チーズが欲しいな……。
DSC_0139
チーズです。美味い!!!!!!!!!!

DSC_0141
八海山女子高生

DSC_0142
花泉女子高生
にごり酒。ちょっと舌にぴりっとする感覚の後、とろりと流れる味はやはり美味しいですね。ただ、ちょっと癖はあるので、にごり酒というものに慣れないと妙な感覚はあるかもしれない。気に入る人はめちゃくちゃ気に入るはず。

DSC_0143
三連星女子高生

というわけで以上です。いやー飲んだ飲んだ。
どれくらい飲んだかというと、
DSC_0144
これくらい飲みました。飲み過ぎだな?
ちなみに一緒に水を4Lほど消費しました。飲み過ぎだな。

べろべろに酔っ払いつつ、互いに無事の帰宅を願って解散です。そういえばガチャを回すのを忘れていたような気がするが、俺はアポPU2に備えていたので妥当だな。


では2日目、日曜日です。

午前中はM3、ずいぶんと久々に思えるM3です。皆さんには見えなかったと思いますが、その日の僕はこの時点で女子高生を連れています。まあ弟なんですけど、女子高生ということにしておきましょう。CDを控えめな枚数買ってフィニッシュ。どこまで買ったかよく覚えていないサークルは通販です。DiverseDirectにはいつもお世話になっています。

昼からはジャンプ展です。
どこで開催していたかというと、森美術館の特別展みたいなもんでした。つまり年末に小日向氏とともに立ち寄ったレアンドロ・エルリッヒ展と同じ場所です。要するに六本木ヒルズです(四ヶ月ぶり二度目)。なんなんだ一体。
DSC_0150
ジャンプ女子高生そのいち
(レールガン女子高生も週刊少年ジャンプを読んでいたことがある)

DSC_0151
ジャンプ女子高生そのに
(90年代の好きな漫画はドラゴンボール)

DSC_0152
ジャンプカフェにて宇宙の帝王とコラボ女子高生

DSC_0153
神コラボ

DSC_0154
原作再現女子高生(心なしかいつもより楽しげな表情)

DSC_0156
都会女子高生(たかい)

僕「さて、これからどうする?」
代理女子高生「ディズニー行く?」
僕「よっしゃ行くか」

DSC_0159
ネズミの海女子高生

DcL1eu7U0AMCa0W
イメージ図です。
以降、上記イメージ図のようにデートしているものと想定して記事をお読み下さい。

DSC_0160
僕「めっちゃ列長い」
女子高生「これ目的にしてきたんだから仕方ないよね」

DSC_0161
僕「食べちゃうぞ」
女子高生「私もう食べ終わった」

DSC_0162
僕「あの短時間で二回乗ったの初めてだわ」
女子高生「貴重な経験だったよね」

DSC_0163
僕「ビアカクテルうめえ」
女子高生「そっちのサンドイッチ、一口ちょうだい。私のあげるから」

DSC_0164
僕「あのカップル邪魔」
女子高生「左上の私がほぼ見えない」


以上!!!
いやー、デートの模様を長々お届けしてしまいました。楽しかったので仕方ない。
というわけで、旅行記事は終了です。
今回もお付き合いいただきありがとうございました。

いレ生アクキーが欲しくなったら是非僕に言って下さいね。500円です。

いきなり遊びに出掛けてレールガン女子高生と写真を撮る旅【会津若松編】

レールガン女子高生(レイルちゃん)と温泉旅行に行ってきました。
つまるところの温泉デートです。
二人でいろいろしてきたのですが、そのデートの模様をお伝えしようと思います。といったところで残念なお知らせなのですが、レイルちゃんは写真に写りたくないということなので、彼女を模したアクリルキーホルダーに代理を務めていただこうと思います。


今回の旅行先はタイトルにもありますが、会津若松です。
で、いろいろ寄ってきたの言葉通り、寄ってきた場所の写真をば。
先ずは……

DSC_0047[1]
豪雪地帯と女子高生
(以下、基本的にレールガン女子高生に配慮して彼女はぼやけさせています)

こちら、『大内宿』になります。
雪降ってるときに来るもんじゃねえ。

DSC_0050[1]
商店と女子高生

DSC_0052[1]
大内宿のかまくらと女子高生

DSC_0054[1]
しんごろう女子高生

DSC_0056[1]
女子高生の解説

DSC_0061[1]
高所からの風景と女子高生

DSC_0063[1]
天然滑り台と女子高生

DSC_0064[1]
ねぎそばと女子高生(女子高生はねぎが好きなので)
大内宿といえばねぎそばですね。葱でそばをすくって食いつつ、その葱をかじります。

というわけで大内宿は以上!
時間が時間なのと雪が強くなってきたので、この日は旅館に直行です。

DSC_0067[1]
ウェルカムドリンク(日本酒)と女子高生

え? この構図は完全に未成年飲酒なのではないか?
いやいや……何を言っているのか……。

本旅行では「やすらぎ宿 千代滝」という旅館に宿泊しましたが、姉妹館である新滝含め、5つの温泉が楽しめるお宿です。値段以上の質で満足、快適な旅館でした。
さて、ここでお知らせです。大人気コーナー『レールガン女子高生と行く!温泉』ですが、今回は諸般の事情により割愛させていただきます。ご了承下さい。

DSC_0068[1]
会津のべこの乳と女子高生(お風呂上がり)

旅館といえば温泉と、当然ながらもう一つの楽しみは食事です。
DSC_0070[1]
夕食女子高生

DSC_0071[1]
鬼羅女子高生
日本酒度+15度の超辛口。末廣酒造の鬼羅(きら)でございます。想像以上に辛いので、つまみの用意をお忘れなく。

実はこのお宿、「地酒の館」なる地酒を集めて提供している場所がありまして。
たっぷり呑んできました。
DSC_0072[1]
鑑評会出品酒女子高生
名倉山を代表する吟醸酒。値段は張りますが、その分だけの味わいはあった。すっと溶ける軽い飲み口と吟醸香が素敵です。

DSC_0073[2]
会津娘女子高生
美味しかったです。(ここらから味を覚えていない)

DSC_0074[1]
月弓女子高生
美味しかったです。

というわけで酔っ払ったので一日目終了です。なおレイルちゃんに添い寝してもらったことをお伝えしておきます。



二日目です。
朝風呂女子高生の画像は僕の手元にだけ取っておきます。

DSC_0075[1]
女子高生の朝食

朝風呂ではありませんが、女子高生と入浴した温泉がどんなものかはお伝えしておきます。
DSC_0078[1]
千年の湯と女子高生(お風呂上がりなので湯気でレイルちゃんがぼやけています)

DSC_0080[1]
猿の湯と女子高生(お風呂上がりなので云々)

温泉旅館はこんなところですね。
あとは観光地を幾つか。

DSC_0085[1]
会津武家女子高生屋敷

DSC_0087[1]
山嵐女子高生

DSC_0090[1]
駕籠部屋女子高生

DSC_0091[1]
新たな可能性

DSC_0092[1]
四片山砲女子高生

DSC_0094[1]
さざえ堂女子高生

DSC_0095[1]
こんな感じ(と言われてもよく分からないであろう写真)の施設です。国重要文化財、かのダヴィンチちゃんの設計を参考にしたらしい、世界唯一の木造二重らせん構造の建造物となっております。ダヴィンチちゃんを思って昇り降りしていたらレイルちゃんに怒られました。

DSC_0096[1]
外観でござーい。なんか凄かった(小並感)。

DSC_0097[1]
模型もあったので撮影。

旅行のシメは、
DSC_0098[1]
喜多方ラーメンと女子高生
優しい味のラーメンでした。そこそこです。


以上!
画像ばっかりの旅行記、第二弾でした!

最後に宣伝となりますが、レイルちゃんの代わりを務めた「レールガン女子高生アクリルキーホルダー」はイベント会場、サークル「いレ生製作委員会」スペースにてだいたいいつでも頒布!よろしくね!

いきなり遊びに出掛けてレールガン女子高生と写真を撮る旅【新潟編】

実はレールガン女子高生アクリルキーホルダーと言うものが完成しております(約三ヶ月後となった冬コミで頒布予定!)ので、そちらを有効活用しまして旅行日記を書きます。



先ずは以下のリンクから私の目的をご確認願います。
「ぽんしゅ館」
http://ponshukan-niigata.com/
新潟越後の酒蔵がすべて利き酒できます。
利き酒とかまぁ分からないので、とりあえず飲んでみたいんですよね。とりあえず飲んでみたいんですよ。酒蔵全部回るのさすがに厳しいので。とりあえず飲んでみたいんです。
KIMG0357
とりあえず飲みに行くぜ!!!!!!!!!
KIMG0355
雰囲気としてはこんな感じ。
KIMG0354

わぁ。日本酒がいっぱい。
お猪口一杯100円、五杯500円を一単位として販売しております。とりあえず十杯飲んだけど意外ときますね。椅子とかは特に無いので、頑張って楽しんで下さい。
KIMG0353
塩もあるぞ!!!!存分に舐めろ!!!!!!!1
いやホント……ホント駄目になりますね……無限に酒飲んでいられる…………俺ここで死にたい……。


え?ただの酔っぱらい旅行記なのではないか?
レールガン女子高生と旅行に行ったのではないのか?


なるほど。では写真を出します。

以下は二次会と三次会の写真です。
レールガン女子高生と梅酒(未成年飲酒は駄目)
KIMG0360

レールガン女子高生とお通し(お通しで七輪が出てくるなんて!)
KIMG0361

レールガン女子高生と漁師のおかず(エロい)
KIMG0362

レールガン女子高生と豚串(脂がきつかったので早めに食べておくべきだった)
KIMG0363

レールガン女子高生と杏シャーベット(美味しい!)
KIMG0368

レールガン女子高生と利き酒セット(これで二度目になるが未成年飲酒は駄目)
KIMG0369

レールガン女子高生とのどぐろの一夜干し(ちょーウマイ)
KIMG0372

レールガン女子高生と鯛の刺し身(酔っ払いすぎて手元が安定していない)
KIMG0374

以降、ホテルに戻ってレールガン女子高生と宿泊しました。えっちなことはできませんでした。



翌日。新潟旅行二日目です。
KIMG0375
ではレールガン女子高生との写真を掲載しますので、お楽しみ下さい。

ちっさいエビ(レールガン女子高生はいないが可愛かったので掲載した)
KIMG0376

ちっさいエビ(レールガン女子高生はいるがブレブレである)
KIMG0378

女子高生の大群(レールガンは持っていないがおそらく女子高生で間違いない)
KIMG0380

レールガン女子高生とチンアナゴ(エロい)
KIMG0382

レールガン女子高生とチンアナゴ2(2枚の写真を交互に見るとチンアナゴの長さが違っているのでレールガン女子高生でシコっている気分になる)
KIMG0381

レールガン女子高生
KIMG0383

ウツボ
KIMG0384

レールガン女子高生とアザラシ(だったと思う)
KIMG0386

ペンギン(かわいい)
KIMG0387

ペンギン(かわいい)
KIMG0390


あとペンギンが女児のスカートを覗き見している様子とかも確保したかったんですが、さすがに盗撮気味になると思ったのでやめておきました。



簡単なものですが、以上、レールガン女子高生との旅行記~新潟編となります。
楽しんで頂けたのなら幸いです。
レールガン女子高生アクリルキーホルダーは冬コミで頒布予定なので、よろしくお願いします。

未来を生きる

【VR】Faith/Grand Orgasm VR feat.デンジャラス眼鏡美少女 麻里梨夏

以前からVRのエロ動画というものは一体どういう世界なのか、とても興味があった。そして先日、まるで運命かのように場が整ってしまった。だからこれは本当に仕方のないことだと思う。

結論としてはタイトルから分かるように、あまりに未来だった。
一度経験してしまうと、通常のAVだと抜けなくなると思う。あまりに危険物すぎるため途中で断念したが、女優さんが話しかけてくる度にニヤつきながら言葉を返してしまうのは本当に危険だ。外部からの介入がない場所で使わないと、人としての尊厳が失われる状況に陥りかねない。それほどの没入感だ。
しかしやはり、どこまでいってもAVでしかない、という部分はいくつか感じた。たとえば画面として構成されているのは前方のみ、首を左右に向ければ後方は真っ暗闇。マシュが普段着から戦闘着(デンジャラス・ビースト衣装)に着替える姿を覗きに行くことはできない。とはいえこのあたりは1500円程度のAVに求める部分じゃない。そもそもそんなところは正直どうでもいい。
マットに横たわった体勢で、首を少し身体の方に向ければ、マシュ・キリエライトが先輩の身体を愛撫している光景が再現されている。ディスプレイと呼応するかのように自身の身体が立ち上がり、挿入時に思わず声をあげてしまう感覚は、あまりにも性行為そのものだった。
それに加えて最高なのは、自分の好きな場所を見られる、という点だ。今まではカメラに任せているしかなかった視点が自由である、ということは、想像以上に心を揺さぶる。太腿、顔、胸、足先、下着のブランド、ソックスの薄さ、コスプレ衣装の完成度など、自分の着目したい箇所に集中できるという事実は、凄まじいAV体験となるはずだ。

というわけで、VRAVオススメです。
あと、「Faith/Grand Orgasm VR feat.デンジャラス眼鏡美少女 麻里梨夏」に関しては、コスプレの完成度も思っていたより高かったので満足です。ありがとうございました。
以上。


余談1
3D酔いには注意。動画でもダメージは相当で、25分程度でかなり酔った。

余談2
僕は眼鏡をかけているのだが、それだと乳首舐めのときや騎乗位が行われている際に大変視界が確保しづらかったので、コンタクトレンズの使用を決意した。AV視聴時専用だが。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

タグ検索
  • ライブドアブログ