大河の住処

書籍に対する感想文が主だったが、最近は自創作まとめ記事の更新しかしていない。ブログカテゴリに迷ったので日記にしておきました。

【感想】新装版 無限の住人(1)

「いきなりレールガン女子高生」まさかのコミティアデビューから1日が経ちました。大河です。
何を言っているんだコイツは、という方はこちら(http://taiga-library.blog.jp/archives/1065236466.html)の記事をどうぞ。

本日の感想文は「無限の住人」です。

実写映画も公開されております、悪を斬る死なない男の物語。当ブログでも感想文を書いております「波よ聞いてくれ」の沙村広明先生のデビュー作品ですね。

---------------------------------
剣客集団・逸刀流に両親を殺され、実家の剣術道場を潰された少女・浅野凜は仇討ちを遂げるため、不老不死の肉体を持つ男・万次に用心棒を依頼する。依頼を受けた万次は、凜と共に逸刀流との戦いに身を投じることになる。
wikipedeia「無限の住人」引用
---------------------------------

めちゃくちゃ面白いんですよね。めちゃくちゃ面白いんですよ。
アクション漫画としての完成度とかいう話じゃなくて、血と涙と肉片に彩られた物語ですね。特に良いのが主人公が無双しないところです。不老不死なので、相討ちまがいの戦闘やら殺された後でかなり苦しげに蘇りつつ敵を刻んだり、泥仕合状態の戦いが一巻からあまりにも多い。チート主人公がやれやれしつつ敵をやっつける話とは違う泥臭い殺し合いが毎話毎話展開されるわけですよ。いやある意味ではチートなんですけど。死なないので。
面白いです。
本当はもっと早い段階で読んでおきたかったのですが、新装版が出ていることに気付いた段階で読むのを留めておいて、まとめ買いからの一気読書です。とりあえずは一巻です。まだ全部買ってはいないのですが、今月中に読み切る予定です。本棚が足りない。
一巻で割と話が進むイメージがあるので、この勢いで十巻超ってどうなるんだろうと期待しつつ、続きを読みます。

ではまた次回。
大河でした。

【感想】世界八番目の不思議(1)

稀代の名作「いきなりレールガン女子高生」読んでますか?
大河です。 

本日は久々の読書感想文です。書かずにいたら感想文ストックがずいぶん貯まっていたので、徐々に消化していきます。



すこしふしぎ、な短編集です。
詳細は続きよりどうぞ。 続きを読む

【感想】しかばね少女と描かない画家(1)

最近FGOガチャ芸人化しつつあると噂の大河です。ガチャイプは本当に怖いので理性の働く子は止めておきましょう。爆死は文化ではない。
本日は読書感想文です。



----------------------------------------
全ては天才女流画家ジュリの死からはじまった。
彼女の才能を諦められない博士は、その魂を少女の遺体に移し替える。
青年画家ネルは、その少女”リリ”に絵を教えるように頼まれ……死なない少女と引きこもりの青年画家、生と死の狭間でうつろう二人の穏やかな日々は――…。
美麗な絵で描かれる少し不思議で美しい“魂”の物語。
http://online.ichijinsha.co.jp/zerosum/comic/remaingirl 
----------------------------------------

具体的な内容は続きよりどうぞ。続きを読む

【感想】CICADA(1)

大河です。久々にSSなんぞを書きましたがアウトプットは時間が掛かりますね。
本日は感想文です。



-------------------------------------
マンガが世界を変える―――コミック・ラヴァーズ・SF革命譚!!
近未来の日本、そこは「マンガ」が禁じられた世界。マンガを取り締まり、燃やす焚書官・レムのくすんだ日常は、あのマンガを読んだことで一変する!!
http://spi-net.jp/monthly/comic044.html
-------------------------------------

まず最初に結果をお伝えします。

そこそこ面白いです。期待値はとても高いです。

具体的な内容は続きよりどうぞ。
続きを読む

【感想】東京発 異世界行き

最近漫画ばかり読んでる疑惑の大河です。
だってお前、「完全解読 フッサール『現象学の理念』読みました!」と言ったところで感想述べるもんでもないし下手なこと言うとガチ勢から突っ込まれそうだしそもそも読むなら解読本じゃなくて正規の文書を理解しろとか言われても困るし、何より記事読んでも本に興味が持てなさそうじゃないですか。
だから、ね?

東京発 異世界行き (ビームコミックス)
大武 政夫
KADOKAWA/エンターブレイン
2014-03-03


安定安心のビームコミックスです。ハクメイとミコチあたりもそのうち紹介しておきたいとは思っておりますが、とりあえずは手に取りやすい作品が先ですよね。
というわけで本編は続きよりどうぞ。
続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

タグ検索
  • ライブドアブログ