大河の住処

書籍に対する感想文が主だったが、最近は自創作まとめ記事の更新しかしていない。ブログカテゴリに迷ったので日記にしておきました。

2015年08月

【感想】百万畳ラビリンス

衝動買いしました。
というわけで本日の感想は「百万畳ラビリンス」です。
百万畳ラビリンス 上巻 (ヤングキングコミックス)
たかみち
少年画報社
2015-08-10




たかみち先生といえば、某成年向け雑誌表紙イラストを担当していることで有名な作家様ですが、いやはや漫画描いてることはまったく知りませんでした。調べたらたくさん描いていたんですけども。なので、
「イラストは綺麗だが漫画だとどうなのだろう……?」
と少々の不安を感じたり(そういう例がいくつか思い当たる)しつつ、イラストそのものは好きだった上、2,3冊でまとまっているなら尚更良しと衝動買いしました。


あらすじ
-------------------------------
人と関わるのが苦手な礼香はゲーム会社でバグ探しのアルバイトをしていたが、ルームメイトの庸子と共に木造迷路に迷い込んでしまい!?
ミステリーファンタジー!
-------------------------------

公式サイトから引っ張ってきたとは思えないほど簡素ですね。
ふたりぼっちと思われる迷路世界の謎解きと、真実を知ったとき二人はどうするのか、って話ですね。


感想。
ゲーム好きなら気に入る良作、って印象でした。
私は主にRPGを好んでプレイしてきたゲーマーなのですが、RPGで何よりも楽しいのは「探索」と「打開」にあると思うのです。自分で新しいフィールドを探索し、新たな世界を切り開いていく感覚。先に進めない箇所や撃退方法の分からない敵をどうにかするため、解決法を考え出してそれが成功したときの快感。
その「探索」と「打開」が見事に描かれた作品だったと思います。
世界の謎が明らかになるにつれて、行動の幅が広がっていく。シナリオが進むにつれて、最初は逃げるだけだった敵に立ち向かえるようになる。現時点で確認でき得る情報から、自らの力で可能な最適解を導き出し、実行する。
完全に、マンガの形を取ったRPGでした。
気になったのは、心を動かされる台詞やシーンがどうにも見つからなかった、という点くらいなもので、エンディングに向けて今まで出ていた情報を華麗に回収していく様は見事としか言いようがありませんでした。作中でも一切ぶれることなく美麗な絵も快適な読書時間を提供してくれます。

上下巻で完結しているので、購入は吉、ですよ!奥さん!
RPG好きは是非。
最近はなかなか味わえなくなった”自分で世界を切り開いていく感覚”が、思い出せるかもしれません。




ダンジョン飯2巻、僕のヒーローアカデミア5巻も一緒に購入していたのですが、それらの面白さについては今更語るまでもないので、記事にはしないと思われます。
次は旅行まとめかなぁ……。

では、本日はここまで。
大河でした!

【感想】間宮さんといっしょ

また記事書かずに1ヶ月経とうとしていました。大河です。
どうして時間は待ってくれないのでしょうか。


「旅行行ってきたよ案件とかまとめないと~」とは思っているのですが、それは数日後とかにするとして、とりあえず本日も読書記録です。本の感想です。

今回は、

間宮さんといっしょ 1 (裏少年サンデーコミックス)



および


です。


あらすじ
=============
佐々良ちゃんは誰かに告白されるとこう答える。

「いいよ、死んでくれたら」

ある日告白してきた美人の先輩、間宮さんの反応は、いつもとちょっと違っていた。
それから二人は…………いつもいっしょ。





楽しそう!!!!!!!!!!
めっちゃ楽しそう!!!!!!!!!!!!!!

基本的に(某エロゲらの影響で)電波モノが大好きなので、電波百合マンガらしいと聞いていたためにもう購入するしかないみたいな感じで買いました。買いましたよ。ええ。



では結果です。

間宮さんといっしょ、この作品は「狂気の描写については秀逸」でした。
状況、吐露する感情の種類はまるで違いますが、数ページの間にびっしりと台詞が詰まっているところであり、勢いであり、そういった部分に関しては、凄いものだと思いました。
ただ、”間宮さんと佐々良ちゃんがいっしょにいる”という設定だけで話を書いている、ストーリー上における目標、ゴールが存在しないため、話が進むにつれ楽しみ方が分からなくなってきてしまいました。日常漫画としては素晴らしいのでしょうが、できれば最終的な着地点をきっちり見定めてから話を進めてほしい……。どこに向かっているのかまったく分からない……。

おそらく「日常」「狂気」「電波」好きな人向けの、かなりレベル高い作品だと思います。
あと登場人物に感情移入は多分無理。

物語のゴールが存在しない作品をあまり好まない個人的趣味が発揮されて、私はどうにも駄目でしたが、なんだかんだで連載は続いているようなので興味が湧いたら買ってみるのも面白いかもしれません。



というわけで本日の読書感想文は以上。
面白そうな本見つけたから明日か明後日更新するよ。
では大河でした。





しかし恋ちゃんは可愛い。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

タグ検索
  • ライブドアブログ