大河の住処

書籍に対する感想文が主で、たまにゲームも。

2015年07月

【感想】波よ聞いてくれ(1)

明日から三連休なら大勝利ですね。
大河です。


本日も本の感想(という名の紹介記事)です。

感想2つ目は、twitterでもじわっと呟いていたこちら、
「波よ聞いてくれ」です!
波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC)
沙村 広明
講談社
2015-05-22




このマンガがすごい!7月ランキングオトコ編にて、堂々の1位でしたね。
私はそれで知った口です。

とりあえず内容とか私の感想とかいう前に、


”波よ聞いてくれ/沙村広明 第1話「お前を許さない」 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ http://www.moae.jp/comic/namiyokiitekure/1/1 ”


上のリンクから飛んで、1話だけでも読んでみて下さいませんか。
クッソ面白いってのがよく分かる。
勢い、感情、声、声、感情を乗せた声!
いやもう最高ですよ最高。(※語彙が貧弱なので最高という言葉をよく使用します)






さて、きっと読んでくれているでしょうが。概要。
公式サイトより引用。

--------------------------------------
鼓田(こだ)ミナレ、20代独身。札幌在住、スープカレー屋勤務。
ひょんなことからギョーカイ人の中年男性にダマされ、ワケも分からずラジオDJデビュー。カレー界とラジオ界の覇道を歩むべく奮闘はしないが、真の愛と幸せと享楽を求めてオンナは戦い続ける、に違いない。
さあさあさあ、波よ聞いてくれ!!!
---------------------------------------

もうなんか説明からして「最高だ……」って言いたくなる雰囲気してますよね。
事実です。

「波よ聞いてくれ」の魅力は、何と言っても、主人公『鼓田ミナレ』の魅力です。
感情のままに突っ走る、美人で口もたつ、人生を舐め切ってるようなそうでもないような、完璧超人なんかじゃ決してない、あの人間らしいキャラクターが読者(私)の心を捕らえて放さないのです。

第1話、ラジオ局に殴り込んでから、
叩きつけた言葉。
ラジオの波は、彼女が吐き出す激情を伝えていくわけです。
元彼の部屋へ。
スープカレー屋の店内へ。
あるいは、誰とも知らぬ誰かのもとへ。
もしくは、読者である私のもとへ。
絵と台詞から、確かな音が、届いたのです。

たった4ページ程度でしかないその部分の描写で、これは”買うべきだ”と確信したのですよ。
だから、読め。
何を語る必要もなく、読めば分かる魅力なのです。



1巻の内容としては、ラジオ業界に巻き込まれていくミナレが主で、真の愛とやら、恋愛描写についてはあんまり出てこなかった気がしますが、正直そこは要らねえだろと思うくらいラジオ業界部分が楽しすぎるので、これは買いですよ奥さん。
いや本当に。
せめて1話は読んでやってください。



という感想でした。
……これは感想というより単純に販促の類なのでは?

大河でした。

【感想】花井沢町公民館便り(1)

今日も一日お疲れ様でした。大河です。


そういえば、当初の予定なら本を読んだ感想なんかも投下していくはずだったのに、
感想一つもないなぁ……。
と気付いてしまったので、今日はそれです。




タイトルにもある通り、とりあえず一発目はこちら。
「花井沢町公民館便り」

花井沢町公民館便り(1) (アフタヌーンKC)
ヤマシタ トモコ
講談社
2015-03-23



”普通じゃない町で、わたしたちは普通に生きる。”

さすが公式サイトから引っ張ってくると、それっぽいテキストですね。
更に概要も引用を続けますと、

------------------------------------------

わたしたちの町・花井沢町は、
あるシェルター技術の開発事故に巻き込まれ、
外界から隔離されている。
ここは、いずれ滅びることが約束された町。
その町で、わたしたちは今日も生きている。

------------------------------------------

――といった感じ。
透き通るような繊細なタッチからはとても想像できない内容ですが、これ、けっこう精神的にクる作品でした。

閉ざされた小さな町、
中と外を”生物が”行き来する手段は死のみ、
事故の被害者という立場で給付金で生活できてしまう、

という環境において、
閉鎖空間内で起こり得るであろう様々な事案について触れていく物語。


それは例えば、

「中の人間」と「外の人間」の根本的な考え方の違いであったり、
中の人間に「なってしまった」人間と「中しか知らない」人間の違いであったり、
「上っ面の言葉」と「腹で抱える感情」の違いであったり、
「現実の顔」と「インターネット上での顔」の違いであったり、

絶対に触れ合えない苦痛であったり、

します。


この世界観の最もエグい部分は、生物が侵入不可能な”だけ”であって、声や音は届くし、景色ははてしなく見えるし、生物ではないモノなら何の問題もなく境界を通過できてしまうことにあると思います。

だから、
ささやかな、
普通のマンガなら読み飛ばしてしまうような、
ほんの些細な箇所にさえ、
心が酷く締め付けられるのでした。





そんな感想でした。
発売日見たら初版から4ヶ月経ってるのに、まだ特典冊子入手できました。もっと売れよう。

というわけで是非買え。
感想ついでの宣伝でした。


ではまた、後日。

最近更新してないな~って思ったら

最終更新から2ヶ月経ってました。
大河です。


とりあえず更新してないなーーしときたいなーーーーと思ったので、

「b2ndはまだクリアしてない」
「代わりに最近スプラトゥーンばっかりしてる」
「ステラグロウもしてる」
「僕だけがいない街6巻めっちゃ楽しかった」
「光田康典20周年記念ライブ行ってくる」

とか話題はいろいろあります。
普通に毎日更新する気になれば、多分、余裕で書けるんですよね。
趣味で書き殴る文章って最高に気楽ですね。

そのへんの詳細は、twitterでちまちま呟いていたりします。



お出掛けもそこそこの頻度でしているので、なんというか、

「そろそろ何も考えずに何かを書きたいな」

と思ってしまったわけでして、そういう鬱憤を晴らすために連日更新などしてしまうかもしれませんが、おそらく1ヶ月も保てないと思いますので、お付き合い願います。


ということを書いたところで、
特に何かあるわけでもないのですが、
完全な自己満足としてブログは成り立つものです。





次はステラグロウ完全クリアするか、スプラトゥーンでガチランクA-になったあたりで更新しそうな気がします。

ガチバトル楽しいんですね。
ナワバリばっかやってたので気付きませんでした。



では近日中に、また。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

タグ検索
  • ライブドアブログ