大河の住処

書籍に対する感想文が主だったが、最近は自創作まとめ記事の更新しかしていない。ブログカテゴリに迷ったので日記にしておきました。

Dandaraをやれ

一ヶ月以上ぶりの更新です。

本日の記事はドハマリしたゲーム「Dandara」の紹介
にしようと思いましたが、いくつかリンク貼っておくのでそっち参考にして下さい。

--------------------------------------------------------------
『Dandara』ハイスピード2DアクションがSwitch、PS4、Steamで配信開始 - ファミ通.com https://www.famitsu.com/news/201802/06151216.html

『Dandara』Switch版プレイ感想レビュー。クセになる忍者風アクションゲーム - YDブログ http://matagotch.hatenablog.com/entry/games/switch/dandara

重力無視の全方位2Dアクションアドベンチャー「Dandara」レビュー http://jp.ign.com/dandara/21964/review/2ddandara
--------------------------------------------------------------

既に1周目の攻略は済んでしまっていますが、いくつか取り逃しがあることは分かっているので、そこらへんを回収しつつ完全クリア目指してプレイする日記でも書こうと思います。
BDFS以来のプレイ日記です。
数年ぶりになると思います。
Dandaraに関しては「普通に難しい」という印象だったので、ドハマりはしなかったけれどクリアはしたい、けれど難しい、という人向けに、攻略記事としても機能させたい気持ちがあります。マップとか作っていじくり回したい。


という宣言でした。
以降、お楽しみに。あと興味持ったらDandara買ってね。攻略お手伝いしますよ。

いきなり遊びに出掛けてレールガン女子高生と写真を撮る旅【会津若松編】

レールガン女子高生(レイルちゃん)と温泉旅行に行ってきました。
つまるところの温泉デートです。
二人でいろいろしてきたのですが、そのデートの模様をお伝えしようと思います。といったところで残念なお知らせなのですが、レイルちゃんは写真に写りたくないということなので、彼女を模したアクリルキーホルダーに代理を務めていただこうと思います。


今回の旅行先はタイトルにもありますが、会津若松です。
で、いろいろ寄ってきたの言葉通り、寄ってきた場所の写真をば。
先ずは……

DSC_0047[1]
豪雪地帯と女子高生
(以下、基本的にレールガン女子高生に配慮して彼女はぼやけさせています)

こちら、『大内宿』になります。
雪降ってるときに来るもんじゃねえ。

DSC_0050[1]
商店と女子高生

DSC_0052[1]
大内宿のかまくらと女子高生

DSC_0054[1]
しんごろう女子高生

DSC_0056[1]
女子高生の解説

DSC_0061[1]
高所からの風景と女子高生

DSC_0063[1]
天然滑り台と女子高生

DSC_0064[1]
ねぎそばと女子高生(女子高生はねぎが好きなので)
大内宿といえばねぎそばですね。葱でそばをすくって食いつつ、その葱をかじります。

というわけで大内宿は以上!
時間が時間なのと雪が強くなってきたので、この日は旅館に直行です。

DSC_0067[1]
ウェルカムドリンク(日本酒)と女子高生

え? この構図は完全に未成年飲酒なのではないか?
いやいや……何を言っているのか……。

本旅行では「やすらぎ宿 千代滝」という旅館に宿泊しましたが、姉妹館である新滝含め、5つの温泉が楽しめるお宿です。値段以上の質で満足、快適な旅館でした。
さて、ここでお知らせです。大人気コーナー『レールガン女子高生と行く!温泉』ですが、今回は諸般の事情により割愛させていただきます。ご了承下さい。

DSC_0068[1]
会津のべこの乳と女子高生(お風呂上がり)

旅館といえば温泉と、当然ながらもう一つの楽しみは食事です。
DSC_0070[1]
夕食女子高生

DSC_0071[1]
鬼羅女子高生
日本酒度+15度の超辛口。末廣酒造の鬼羅(きら)でございます。想像以上に辛いので、つまみの用意をお忘れなく。

実はこのお宿、「地酒の館」なる地酒を集めて提供している場所がありまして。
たっぷり呑んできました。
DSC_0072[1]
鑑評会出品酒女子高生
名倉山を代表する吟醸酒。値段は張りますが、その分だけの味わいはあった。すっと溶ける軽い飲み口と吟醸香が素敵です。

DSC_0073[2]
会津娘女子高生
美味しかったです。(ここらから味を覚えていない)

DSC_0074[1]
月弓女子高生
美味しかったです。

というわけで酔っ払ったので一日目終了です。なおレイルちゃんに添い寝してもらったことをお伝えしておきます。



二日目です。
朝風呂女子高生の画像は僕の手元にだけ取っておきます。

DSC_0075[1]
女子高生の朝食

朝風呂ではありませんが、女子高生と入浴した温泉がどんなものかはお伝えしておきます。
DSC_0078[1]
千年の湯と女子高生(お風呂上がりなので湯気でレイルちゃんがぼやけています)

DSC_0080[1]
猿の湯と女子高生(お風呂上がりなので云々)

温泉旅館はこんなところですね。
あとは観光地を幾つか。

DSC_0085[1]
会津武家女子高生屋敷

DSC_0087[1]
山嵐女子高生

DSC_0090[1]
駕籠部屋女子高生

DSC_0091[1]
新たな可能性

DSC_0092[1]
四片山砲女子高生

DSC_0094[1]
さざえ堂女子高生

DSC_0095[1]
こんな感じ(と言われてもよく分からないであろう写真)の施設です。国重要文化財、かのダヴィンチちゃんの設計を参考にしたらしい、世界唯一の木造二重らせん構造の建造物となっております。ダヴィンチちゃんを思って昇り降りしていたらレイルちゃんに怒られました。

DSC_0096[1]
外観でござーい。なんか凄かった(小並感)。

DSC_0097[1]
模型もあったので撮影。

旅行のシメは、
DSC_0098[1]
喜多方ラーメンと女子高生
優しい味のラーメンでした。そこそこです。


以上!
画像ばっかりの旅行記、第二弾でした!

最後に宣伝となりますが、レイルちゃんの代わりを務めた「レールガン女子高生アクリルキーホルダー」はイベント会場、サークル「いレ生製作委員会」スペースにてだいたいいつでも頒布!よろしくね!

ワンコインで楽しめるADVを

何も聞かずに、このムービーを見るんだ。



「OPUS -地球計画」というタイトルのこの作品は、なんならスイッチ以外でもプレイできるので是非ともプレイして欲しい。たった500円で、素敵な映像体験ができる。ゲーム性はほぼ皆無だ。クリアまでは2時間程度しかかからない。
それでも、
あるいは「だからこそ」だ。

OPUS-地球計画

公式サイトと動画を見た上で、少しでも興味を引かれたら買う価値はあると思う。
それはもちろん、5000円やら10000円するような長編に勝てるようなものではないが、手頃なストーリーを気楽に楽しめる、という点は、何かと日々お疲れのゲーマー方々にも勧められるポイントではないかと考える。音楽も非常に良質だ。

共通の世界観で、新作もあるらしいし。スイッチでの発売が待ち遠しい。



以上。
まずは動画を見てみて欲しいと思います。

贈り贈られバレンタイン2018

好き!(挨拶)

今年もやってまいりましたFGOのバレンタインイベント。さっそくキルケーさん公式怪文書が出回っていているようで盛り上がっていますが、うちにもいるので自力で確認します。単発回したら重なった。


2017年のバレンタインイベントでは全101騎だったうちのサーヴァントも164騎まで増え、お前ガチャ回し過ぎではという気持ちになりつつ、それでも引いたサーヴァント分は全員確保の構えです。昨年確認済みのサーヴァントについては以下のリンクより。

2017年男性サーヴァント編
2017年女性サーヴァント編

今年は記事を分けずにここに全部書き殴るよ。


続きを読む

【感想】どこか遠くの話をしよう


久々に読書感想文とか書きます。本来はこっちの用途で使うつもりだったんだけどなこのブログ。


どこか遠くの話をしよう 下 (ビームコミックス)
須藤 真澄
KADOKAWA / エンターブレイン
2018-01-12


本日は『どこか遠くの話をしよう』です。以下上巻リンク
https://www.kadokawa.co.jp/product/321612000194/
先に言っておきますが、下巻概要が上巻の盛大なネタバレになっているので、調べるのはせめて上巻を読み切ってからにした方が良いかと思います。
上下巻で終わるようだし衝動買いしてみようと買って放置、先日下巻を見つけたので先ほどまとめて一気に読み切りました。
泣きました。涙腺の弱りを感じます。
 
”ここではないどこか”へ誘う渾身のファンタジーを謳うだけあって、ほのぼの日常かと思いきや意外な方向性にいくわけですが、これ相当良い。ネタバレを避けたいので言えることが少ない上に、読み切った勢いで感想文を書いているので脳がまとまらない。
上巻ラストで「そういう感じかよ、どう落とすんだろうか」と気になる引きで終わらせてから、下巻で二~三回泣かせにくるの本当に最高でした。
読者増えた方がいいと思うので、試しに上下巻買って読んでくれ。


この世界がどれだけの痛みを秘めていようとも、それでも美しいと語る終わりを。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

タグ検索
  • ライブドアブログ